So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
アニメーション ブログトップ
前の10件 | -

『ドワーフのアニメ映画まつり 』 [アニメーション]

6a0120a63642f8970b0162fc91e7c6970d-320wi.png『ドワーフのアニメ映画まつり 』

NHKキャラクター「どーもくん」や「こまねこ」を生み出したドワーフの人気キャラクターたちが大集合!

好奇心のかたまりでいつもエンジン全開、ワクワクドキドキがいっぱいの毎日をすごすどーもくん、自分でイチから映画を作ってしまうくらいものづくりが大好きで何にでもいっしょうけんめいなこまちゃん、地球によく似た星で、電気のようなエネルギーで暮らすちょっとビビリなPLUG(プラグ)、一人でお留守番するさびしさをいろいろ工夫して楽しむまくまくん、そして森からやってきた、ちっちゃいくせに態度はデカい、いたずら好きななまいきヴォルクなど、かわいくて個性的なキャラクターたちがくりひろげる心あたたまるストーリーを集めた「ドワーフのアニメ映画まつり」。
あなたもきっと楽しめるおはなしが盛りだくさん!

12月17日(土)~ 12月23日(金) クリスマスプログラム
12月31日(土)~ 1月6日(金)  お正月プログラム
■ユナイテッド・シネマ 札幌
■ユナイテッド・シネマ 前橋
■ユナイテッド・シネマ 浦和
■ユナイテッド・シネマ 豊洲
■ユナイテッド・シネマ としまえん
■ユナイテッド・シネマ 新潟
■ユナイテッド・シネマ 豊橋18
■ユナイテッド・シネマ 稲沢
■ユナイテッド・シネマ 岸和田
■ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13

料金:大人1000円 /幼児(3歳以上)・小中学生800円
3歳未満入場可
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

カレル・ゼマン展 トリック映画の前衛 -チェコ・アニメ もうひとりの巨匠- [アニメーション]

img1145i1305_1.jpgカレル・ゼマン展 トリック映画の前衛 -チェコ・アニメ もうひとりの巨匠-

会期:2011年6月14日(火)~7月24日(日)
場所:渋谷区立松濤美術館
開館時間:午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
毎週金曜日は午後7時(入館は午後6時30分まで)
※東北地方太平洋沖地震に伴う節電対応の為、開館時間を午前10時~午後5時(入館は午後5時30分まで)
 金曜日は午後6時(入館は午後5時30分まで)変更しております。
 電力供給状態により、今後開館時間が変更になる場合があります。詳細はお問い合わせください。

休館日:6月20日(月)、27日(月)、7月4日(月)、11日(月)、19日(火)
入館料:入館料:一般300円(240円)、小中学生100円(80円)
※( )内は団体10名以上。土曜日は小中学生無料・障がいのある方は及び付添の方1名無料

講演会:6月18日(土)午後2時~
「カレル・ゼマンの映像テクニック」講師:山村浩二氏(東京藝術大学大学院教授、 アニメーション作家)
※予定されていたルドミラ・ゼマン(カレル・ゼマン長女)氏は震災の関係で来日中止となりました。

担当学芸員によるギャラリートーク:6月24日(金)、7月9日(土)、7月21日(木) いずれも午後2時~
美術映画会:6月25日(土)、7月10日(日)午後2時~ 
本展出品作品の長編アニメーションをホールにてDVD上映いたします。

カレル・ゼマン(Karel Zeman 1910-1989)は、人形アニメーションや絵本で人気の高いイジー・トゥルンカ(1912-1969)と並ぶチェコ・アニメーションを創設した、代表的作家のひとりです。ゼマンは第二次世界大戦中、チェコ・アニメーションの発祥地・ズリーンを拠点に制作を開始しました。そして、ジュール・ヴェルヌの原作をもとに、銅版画から着想した斬新な映像を展開した『悪魔の発明』(1958年)をはじめ、切り紙やガラスなどを使いさまざまな工夫をこらした映像を作り出し、トリック映画の巨匠となったのです。 本展は、ゼマンの創作活動の全容をたどろうとする、日本で初めての回顧展です。遺族が所有している映画の原画や使用された人形とともに、制作過程の一端を知ることができる貴重な資料や絵コンテなどを展示いたします。同時に『悪魔の発明』や『クリスマスの夢』『プロコウク氏映画制作の巻』などのアニメーション作品をDVDによって上映し、ゼマンの世界をご紹介します。どうぞお楽しみください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

チェコアニメーションの上映と「チェコアニメーションのせかい」展 [アニメーション]

クルテク もぐらくんと森の仲間たち DVD BOXチェコアニメーションの上映と
「チェコアニメーションのせかい」展

としま未来文化財団の主宰で、かわいいチェコアニメーションの上映会が開催されます。上映作品は『屋根裏のポムネンカ』と、チェコの国民的キャラクターの『クルテク』を予定。また区民センターでは、上映会にあわせて「チェコアニメーションのせかい」展も同時開催。こちらは『クルテク』のセル画や『屋根裏のポムネンカ』の監督イジー・バルタさんのスケッチを展示しています。(上映会のお申し込みは、としまみらいチケットセンター 03-3590-5321まで)

●上映会/5月22日 (14:00~) 料金:一般1,200円 みらい座いけぶくろ 東京都豊島区東池袋1-19-1 TEL03-3984-7601
●展覧会/開催中~5月22日(9::00~20:00) としまふれあい交流サロン 東京都豊島区東池袋1-20-10豊島区民センター2F TEL03-3984-7601
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ビョークがムーミンの映画とコラボレーション [アニメーション]

ビョークがムーミンの映画とコラボレーション

ビョークが、トーベ・ヤンソンによる人気童話ムーミンの映画「The Moomins And The Comet Chase」とコラボレーション。主題歌となる“The Comet Song”のPVが公開されました。ビョークがムーミンの大ファンだったことから実現したようですが、とてもかわいらしかったです。

映画はすでにフィンランドでは公開され、海外にて近日公開が予定されていますが、残念ながら今のところ日本での公開は未定だそうです。観たいー!




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Laputa Animation Festival 2010 [アニメーション]

top_title90.jpgLaputa Animation Festival 2010

期間:10.05.09(日)~10.06.05(土)
場所:ラピュタ阿佐ヶ谷

今回のフェスティバルでは、日本で紹介されていない世界の注目の作家たちにスポットをあて、最新作を含めてご紹介します。アニメーションの奥深い世界をどうぞお楽しみください。
http://www.laputa-jp.com/laf/index.shtml

<上映作品>
●世界の未知なる作家たち
マッティ・キュット
ジョルジュ・シュヴィツゲベル
デヴィッド・オライリー
ギル・アルカベッツ
イゴール・コヴァリョフ
●ベラルーシ作品集
●エストニア最新作品集
●エストニア作品集
●ズデネック・ミレル作品集
●ふしぎな庭
●ユーリー・ノルシュテイン作品集
●立体アニメーションのいま
●日本の注目若手作家たち
●特別上映
マイマイ新子と千年の魔法
アリーテ姫

【料金(当日)】一般:1,200円 / シニア・学生:1,000円 / 会員:800円 / 3回券:2,700円
水曜サービスデー:1,000円均一

【インフォメーション】●各回定員入れ替え制
●午前10時15分より当日の全回分の整理番号付き入場券を発売します。定員48名になり次第、締め切らせていただきます。
●上映開始後10分を過ぎてのご入場はお断りさせていただきます。
●作品により画像、音声が必ずしも良好でない場合がございます。あらかじめご了承下さい。


どのプログラムもとても面白そう!特別上映では「マイマイ新子と千年の魔法」と「アリーテ姫」も上映するとこのと。
でも午前10時15分より当日の全回分の整理番号付き入場券を発売。定員48名になり次第、締め切りというシステムがキビしい。せめて10時に行って11時から上映とかあればいいのだけど、1回目の上映は1時からなのよね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「エリアス ちいさなレスキューせん」発売記念フェア [アニメーション]

エリアス ちいさなレスキューせん コージーわんへようこそ! 1 [DVD]
ノルウェーより日本初上陸!
「エリアス ちいさなレスキューせん」発売記念フェア

期間:2010年4月21日(水)~5月13日(木)
場所:青山ブックセンター本店


「エリアス ちいさなレスキューせん」上映会
日時:2010年5月9日(日)
場所:青山ブックセンター本店

「エリアスとノルウェーの児童書」フェア
期間:2010年5月14日(金)~6月中旬
場所:青山ブックセンター本店


BS日テレで放映中なんですね。チェックしてみようと思います。
「エリアス ちいさなレスキューせん」
毎週土曜 18:00~18:30
[再]毎週日曜  8:00~8:30
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

こどもの城映画劇場 山村浩二作品集 [アニメーション]

ニュー・アニメーション・アニメーションシリーズ 山村浩二作品集 [DVD]こどもの城映画劇場 山村浩二作品集

春休み特別プログラム
山村浩二作品集
2010年4月1日~5日
場所:青山こどもの城


ヤマムラアニメーション図鑑―山村浩二ワークスブックいくつかの作品は、珍しい16ミリ版での上映になります。みなさまのご来場お待ちしています。
こどもの城の入館料で鑑賞できます。
入館料 こども:400円 おとな:500円

こどもの城公式サイト>http://www.kodomono-shiro.jp
こどもの城春休みプログラム>http://www.kodomono-shiro.jp/info/whatsnew/129.html

Aプログラム
『どっちにする?』(1999/10分/ビデオ版)
子どもたちと山村さんとが一緒に数ヶ月間実施したワークショップ「ジュニア・ディレクターズ会議」で物語やキャラクターを作った作品です。
『カロとピヨブプト~おうち』(1993/5分/16ミリ版)
なかよしの鳥たちが協力して木の上にお家を作ります。粘土と平面の絵を組み合わせたふしぎな画面です。
『バベルの本』(1996/5分/16ミリ版)
バス停に忘れられた本を覗くと、その中には大きな図書館が。本のイメージに吸い寄せられ、大きな幻のクジラを探す冒険の旅に……。

Bプログラム
『ふしぎなエレベーター』(1991/8分/ビデオ)
止まらないエレベーターが地底に。そこに棲むふしぎな生き物たちに捕まった一羽の小鳥を少年は救おうとしますが……。
『カロとピヨブプト~サンドイッチ』(1993/5分/16ミリ版)
カロは料理が得意。一緒にピヨブプトもお手伝い。パンにいろんなものを挟んでおいしいサンドイッチを作りましょう。
『キッズキャッスル』(1995/5分/16ミリ版)
部屋の中で遊ぶ子どものイメージがアニメーションの絵でどんどん拡がっていきます。声で音を表わしたサウンド・デザインもユニークです。

Cプログラム
『遠近法の箱~博士のさがしもの~』(1990/5分/ビデオ版)
たくさんの人々、カラスの群れ、折り重なるビル、過ぎて行く時間……。町の中で博士が双眼鏡を覗いて探しているものはなんでしょう。
『カロとピヨブプト~あめのひ』(1993/5分/16ミリ版)
雨の日、空を通り過ぎていく魚の群れに驚くカロ。これは夢? さあ、お家の中で空想あそびのはじまりです。いろんな形がどんどんつながっていきます。
『キップリングjr.』(1995/14分/16ミリ版)
子犬のキップリングは、虫の楽団の後を追いかけ、見知らぬ町に来てしまいました…。人形とセルの技法を組み合わせたアニメーション。

時間
1日 11:35=なし 13:35=A 14:35=B 15:35=C
2日 11:35=A 13:35=B 14:35=C 15:35=A
3日 11:35=B 13:35=C 14:35=A 15:35=B
4日 11:35=C 13:35=A 14:35=B 15:35=C
5日 11:35=A 13:35=B 14:35=C 15:35=なし

場所:こどもの城 4F Bスタジオ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

チェコ・アニメもうひとりの巨匠 カレル・ゼマン展 -トリック映画の前衛- [アニメーション]

zeman_rogo1.gifチェコ・アニメもうひとりの巨匠 カレル・ゼマン展 -トリック映画の前衛-
チェコ・アニメの巨匠、日本初の回顧展!

世界的に評価されるチェコ・アニメーションの巨匠・カレル・ゼマン(1910-89年)の日本初となる回顧展。撮影に使われた人形や原画、制作過程の資料など約200点の展示に加え、映画も上映して創作活動の全容に迫ります。
http://www.city.kariya.lg.jp/museum/exhibition_2010_zeman.html

【会期】 2010年4月17日[土]~5月30日[日]
【会場】 刈谷市美術館全館
【入場料】(当日):一般800円、高・大生600円、中学生以下は無料

華麗な色彩と驚きの発想!幕末浮世絵の数々
 カレル・ゼマン(Karel Zeman 1910-1989)は、人形アニメーションや絵本で人気の高いイジー・トゥルンカ(1912-1969)と並ぶチェコ・アニメーションの創設者であり、巨匠の1人です。ゼマンは第二次世界大戦中、チェコ・アニメーションの発祥地・ズリーンを拠点に制作を開始しました。そして、ジュール・ヴェルヌの原作をもとにした『悪魔の発明』(1958年)などの斬新な映像作品を創り出し、切り紙やガラスなどさまざまな手法を駆使してトリック映画の王道を歩みました。
本展は、遺族が所有する原画や人形、貴重な制作過程の資料や絵コンテなどの展示やアニメーション作品の上映を通じて、ゼマンの創作活動の全容をたどろうとするものです。また、ゼマンに多大な影響を与え、「チェコ・アニメの母」と称されるヘルミーナ・ティールロヴァー(1900-1993)、フランスのジョルジュ・メリエス(1861-1938)との関連性を含めた、チェコ・アニメーション史の草創期もご紹介します。あわせて、父・ゼマンとともに映画制作に携わった長女・ルドミラの切り紙アニメーションや絵本の原画もご覧いただきます


<会期中の催しもの>
Ⅰ.特別講演会 「カレル・ゼマンの映像世界」
5月15日(土) 午後2時→午後3時30分 (開場は午後1時30分)
【内容】大学時代にゼマン作品とはじめて出会い、その面白さに魅かれた山村浩二さん。今回の展覧会に監修としてご協力をいただいた山村さんに、ゼマンの映像世界の魅力や制作の方法などを、映像や出品作の画像をまじえてお話いただきます。
【講師】山村浩二さん(アニメーション作家、東京藝術大学教授)
【定員】80名(先着順)
【料金】聴講無料(高校生以上は要展覧会チケット)
    当日、直接会場(美術館2階研修室)にお越しください。先着順です。

Ⅱ.期間限定カフェ
4月23日(金)→25日(日) 午前11時→午後3時
【内容】お飲み物とお菓子を楽しんでいただく、カフェ(有料)を開店します。展覧会をご堪能いただいた後、くつろぎの時間をお過ごし下さい。お菓子など数に限りがありますのでお早めに…。
当日、直接会場(茶室・佐喜知庵/美術館隣)にお越しください。
※開催日のお呈茶(抹茶)は休みとなります。

Ⅲ.つくる⇔みるプログラム ①「子どもの日スペシャル企画☆「くるくる動く ソーマトロープ」
5月5日(水・祝) 午前10時30分→午後4時
【内容】まるい紙に絵を描いて、くるくる回すと絵が動いてびっくりなソーマトロープを楽しみましょう。
【対象】どなたでも(未就学児は親子同伴)
【参加費】100円(レクリエーション保険代+材料費)+高校生以上は要展覧会チケット
当日、自由参加です。直接美術館にお越しください。

②.ペーパーパペット☆シアター
5月9日(日) 午前10時→午後4時
【内容】ゼマンが撮影でつかった切り紙の技法をまねて、ペーパーパペットをつくり、人形劇を完成しましょう。
【講師】山口ももこ氏(美術家)
【対象】小学2年生→6年生
【定員】24名
【参加費】200円(レクリエーション保険代+材料費)
参加には事前申し込みが必要です。
【締め切り】4月30日(金)必着

③. 渾身のひとコマ
5月16日(日) 午前10時→午後4時
【内容】1シーンを決めるために、デッサンや絵コンテなどを何度も描き直し、一度撮った映像もやり直したりするなど、作品づくりにこだわり続けたゼマン。参加者自身が考えたひとコマを遠近感のあるセットに仕上げることでゼマンのアーティスト魂を追体験します。
【講師】山村浩二さん(アニメーション作家、東京藝術大学教授)
【対象】18歳以上の方
【定員】15名
【参加費】1,000円(レクリエーション保険代+材料費)+要展覧会チケット
参加には事前申し込みが必要です。
【締め切り】5月7日(金)必着

【②と③の申し込み方法】「往復はがき」か「Eメール」にて、参加者名(ふりがな)、住所、TEL、年齢(保護者名)をご記入のうえお申し込みください。なお、「Eメール」の場合は件名を《参加申し込み(プログラム名)》とし、「往復はがき」の場合は返信用はがきにも住所と名前を記入してください。定員を超えた場合は抽選とし、結果をお知らせします
【申し込み先】〒448-0852 刈谷市住吉町4-5 刈谷市美術館
         Eメールアドレス=bijyutsu@city.kariya.lg.jp
※個人情報は、本プログラム開催に必要な範囲内のみで使用します。

Ⅳ. ギャラリー・トーク
会期中の第2・第4金曜日 午後1時~ 約40分間
【内容】担当学芸員による展覧会解説ツアーです。
【料金】聴講無料(高校生以上は要展覧会チケット)
ご希望の方は、当日、直接お越しいただき、1階ロビーにお集まりください。

幻想の魔術師カレル・ゼマン 悪魔の発明 [DVD]幻想の魔術師 カレル・ゼマン 「クラバート」 短編 「クリスマスの夢」 [DVD]幻想の魔術師カレル・ゼマン ほら男爵の冒険 [DVD]

山村浩二さんのブログの記事も大変興味深く面白かったです。↓
http://yamamuraanimation.blog13.fc2.com/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

NHKどーもくん展~どーもくん コマ撮りアニメーションの世界 [アニメーション]

main.jpgNHKどーもくん展~どーもくん コマ撮りアニメーションの世界

会 場: PARCO FACTORY パルコファクトリー
渋谷パルコ パート1 / 6F

期 間: 2010年3月26日(金)-2010年4月12日(月)
※会期中無休
10:00am - 9:00pm
※最終日は6:00pmにて終了
入場料: 無料

パルコファクトリーでは、春休みの企画として、渋谷を多くの皆様に楽しんでいただけるように、NHKキャラクターとしておなじみの「どーもくん」が、NHKから飛び出しての展覧会を開催します。

どーもくんは、人形や小道具を人の手によって少しずつ動かしながら撮影していく「コマ撮りアニメーション」という伝統的な手法で制作されています。
本展覧会では、どーもくんコマ撮りアニメーションの実物セットを一挙に展示。どーもくんが居候している「うさじいの部屋」やポップ感満載の「たーちゃんの部屋」、精巧に作られたミニチュアの小道具、そしてもちろん、どーもくんやうさじい、たーちゃんをはじめ登場人物の実物の人形たちも勢揃いします。
また、今年11年目を迎えたどーもくんのこれまでの30秒アニメーション作品の中から、選りすぐりの作品を上映。今ひそかに話題の「龍馬どーもくん」や、この春迎えるどーもくんの新展開の展示もあります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

こまねこのクリスマス ~迷子になったプレゼント~ [アニメーション]

いきなりこまねこちゃんが走っておりますが、ご容赦を。
大好きなこまねこの映画がまた観れると思うと、うれしくてうれしくて浮かれております。浮かれて、珍しくブログパーツなんてつけちゃいました。走ってるこまちゃんにポインタを合わせてみてください。立ち止まってくれますよ。
『こまねこのクリスマス ~迷子になったプレゼント~』 11月、ライズエックスにて公開です。 特別鑑賞券、10月発売予定!なのであともうちょっと。楽しみ楽しみ。絶対に観にいきます!

banner_koma.gifこまねこをご存じない方は、公式サイトへどうぞ。動画をすぐに観てみたいかたはこちら

絵本とかDVDもいろいろあります。DSのゲームも出たらしいです。
ほんとにかわいい~。こまちゃん大好きです。
こまねこえほんこまねこのこと、ぜんぶ。こま撮りえいが こまねこ デラックス版 [DVD]

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - アニメーション ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。